2018.7.20更新

普通借家契約の場合、契約上の特約にかかわらず、家賃の減額を請求することができます。
したがって、家賃を減額しないという特約は無効です。
反対に、一定期間は家賃を増額しないという特約は有効です。