2018.7.20更新

家賃滞納においてどのような対策を立てるかは、物件の状況や滞納に至る経緯、現在の交渉の可否など事案に応じて異なります。

したがってどういった観点で対策を立てるか、弁護士によって判断が異なることもあります。家賃滞納の際に内容証明郵便を送付して催告解除通知等を行い、明渡し訴訟を提起する点は通常共通すると思いますが、事前に仮処分を行うか、あるいは提訴前の交渉をどこまで行うか、和解の際に裁判所を利用するかなど、細かい点では異なってくることもあるでしょう。