2018.7.20更新

必ずしも強制執行をすることにはなりません。

裁判も強制執行も、いずれも裁判所を利用した手続ではありますが、別の手続です。

裁判が判決によって終了したとき、その判決に従って借家人(被告)が任意に建物明渡したり、滞納した家賃を支払ったりすれば、強制執行の必要はありません。