2018.7.20更新

裁判後にも、話し合いは可能です。「和解」といいますが、裁判所も関与する「訴訟上の和解」と、当事者同士で話し合う「訴外での和解」があります。訴訟上の和解が成立すると裁判が終了します。訴外での和解も取下げを内容とするなど、裁判は取りやめとなることが通常です。
一方、和解が成立しなければ判決となります。判決では、分割払いや明渡しの猶予、一部免除などの柔軟な解決ができないため、和解に比べると極端な結論となります。