2018.7.20更新

契約解除は、必ずしも内容証明郵便で行う必要はありません。普通郵便でも、あるいは口頭でもかまいません。

そもそも内容証明郵便が普通郵便等に比べて「効力で勝る」ということはありません。しかしながら、契約解除という意思表示は賃貸契約上非常に重要な事実ですので、到達の有無が争いにならないよう、内容証明郵便によることが一般的です。