2018.7.20更新

残念ながら、事実上、自己破産(破産手続開始決定)以前の家賃の支払を受けることは困難です。しかも、破産のみを理由に契約を解除することもできません。
もっとも、破産手続開始後も使用している場合はその家賃の支払を求めることができる場合があります。
家賃の滞納があることも多いと思いますので、家賃滞納を理由に解除して速やかに明渡しを求めることが望ましいといえます。