2018.7.20更新

もちろん相当額の支払いを受けることができます。
もっとも、契約終了後は、借家人には建物を使用する権利はなく、対応する支払義務も「家賃」ではありません。
家賃相当損害金、といいます。通常家賃と同額以上認められます。契約書に記載しておけば、倍額程度でも認められます。