2018.7.20更新

家賃は契約当初に合意したものですから、勝手に増減することはできません。したがって「半額が相当」と一方的に述べても家主が承諾しない限り家賃の全額を請求できます。

このような理由のある家賃滞納の場合、単純な家賃滞納とは区別して考える必要があります。

不備などの状態によりますが、状況についてはすぐに資料や説明(不具合の箇所、写真、現状、修繕費、など)を求め、家主の負担についての意見を速やかに伝えてください。