2018.7.20更新

建物は生活や営業の本拠地ですので、契約解除も簡単には認められません。
したがって、1回の滞納のみではまず解除はできないでしょう。3回程度に至っていれば通常は解除可能です。
当事務所では手続(催促や裁判)にかかる時間も見越し、2回目の滞納が発生した時点ですぐに対応すべきとお伝えしています。