2018.7.20更新

可能です。現実には数日の遅滞で連帯保証人に連絡することは少ないですが、保証人が転居していたり、あるいは保証人が全く予期していない場合などには連絡しておく方がよいです。