2018.7.20更新

もちろんかまいません。弁護士から催促の方法をお伝えすると共に、長期化が見込まれる場合は保証人の所在調査などを先行して行うことでその後の対応にかかる時間を節約することが可能です。