2018.7.20更新

返送にはいくつかの種類があります。単に受け取らない「不在(留置期間経過)」と、住んでいない際の「転居先不明」や「宛所尋ね当たらず」などです。

借家人は通常住んでいるので、不在の場合が多いです。この場合は普通郵便も併用して意思表示を行います。

住んでいないとなると、そもそも借家の利用自体がない可能性がありますので、現地を詳しく調査する必要があります。

いずれの場合も訴訟提起により手続は進められますので、当事務所の場合は速やかに提訴する方針をとっています。