2018.7.20更新

法的には親も勤務先も支払義務はありません(保証人を除く)。

しかし、特に親族などが立替払い等に応じることもありますので、契約書の緊急連絡先などについては、連絡してみるとよいでしょう。

もっとも、勤務先については、家賃滞納という不名誉な事実が伝わってしまうので、行方が判らない場合など、必要最小限にとどめるべきです。