2018.8.7更新

このような、理由のある家賃滞納の場合、単純な家賃滞納とは区別して考える必要があります。

どのように対応するかについては、家賃不払いの理由とその正当性によります。速やかに客観的資料や状況説明(不具合の箇所、写真、現状、修繕費、など)を求め、それに対する回答も速やかに伝えてください。

軽微な不備であれば、家賃支払を拒否する理由にならない場合もありますが、正当な理由がある場合は、その対応を優先すべきです。