2018.8.7更新

同時でかまいません。この場合は一つの書面に、支払を催告する旨と支払がない場合には契約を解除する旨を両方記載します。
いずれも民法等に定められている重要な通知ですので、正確に記載する必要があります。