2018.12.20更新

家主として退去を求める場合の「老朽化」に、具体的な基準はありません。建物が朽廃(きゅうはい)して効用を失った場合には、賃貸契約も当然に終了しますが、そうした例は稀です。
通常、老朽化はあくまでも一事情として、更新拒絶の正当事由の要素として判断されます。老朽化の尺度としては、一般的な耐用年数や、耐震性評価、修繕工事に要する額(と建替に要する額の比較)などを参考にします。