2018.12.20更新

建物の老朽化の程度を、できるだけ客観的な資料で明らかにする必要があります。これまでの被害や修繕が多数ある場合は時系列で整理します。この他、耐震性診断をとり、また修繕工事の見積もりが高額となることも確認しておきます。外見上老朽化が著しい部分については写真等で保存しておくとよいでしょう。