2018.12.20更新

賃貸契約上、家主は建物を安全に管理して借家人に提供する義務があります。
したがって、建物の不具合によって借家人に被害が出た場合は、たとえそれが借家人が立退きに応じなかった場合であっても、損害賠償が必要になる可能性があります。
通行人などに対しても、不法行為として、やはり損害賠償が求められる可能性があります。
建物の所有者には、たとえ過失がなくても責任が生じる、工作物責任と言われる特殊な責任があります。