2018.6.23更新

賃貸契約には目的すなわち使用方法(用法)が定められていることが通常です。
住居であれば「居住」、店舗であれば「飲食店営業」などです。
使用目的によって、建物自体への影響や、周囲の環境への影響が変わりますので、目的外使用はできません。
居住目的物件で学習塾を経営するなど、目的外使用をすることは、用法違反として解除や損害賠償の理由になりえます。