2018.9.11更新

期間が定められた建物賃貸契約のうち、特に一定の手続を経ることで更新しないこととする借家契約です。
通常の借家契約の場合、借家人が保護されており、家主が更新をしないためには様々な制約があります。
しかしながら、家主としても特定の時期には必ず返してもらいたいけれど、それまで貸したい、というニーズがありますので、この場合は定期借家契約を結びます。
契約時には特別な書類が必要です。期間満了時に立退き義務がありますので、そのぶん相場より家賃が安めの場合が多いです。