2018.9.11更新

賃貸契約を締結する際に、借家人から家主に預け入れるお金で、借家人の義務(家賃支払や原状回復等)履行の担保の性格があります。
明渡前に家賃滞納があった場合、敷金からの充当を求めることはできません。