2018.9.11更新

法律上、契約違反を理由に解除する前に、相手に違反を是正する機会を与える必要があります。
この場合の、相手の違反の事実を伝え、是正するよう求める通告を「催告」といいます。
家賃滞納や用法違反などの場合には、通常は催告を経て解除を行います。