2018.9.11更新

本来解除をする前に催告が必要ですが、契約上の特約でこの催告を不要とするのが、無催告解除特約です。
この特約があると、理屈としては借家人に違反があれば家主は解除が可能です。
もっとも、借家人にとっては厳しい内容ですので、この特約が常に有効になるとは限りません。