2018.9.11更新

借地や借家などの賃貸契約に適用される法律で、基本的に借りる側を保護する目的の規定が多くなされています。
特に重要な規定は、家主が契約を終了させる際には正当事由がなければならない、というものです。
この他、定期借家契約の要件や、家賃増減額の手続なども定められています。