2018.9.11更新

賃貸契約においては、契約の終了に際して物件を家主に返還しなければなりません。
この際には、借りたときと同様の状況に戻して返す必要があります。
これを原状回復といいます。
もっとも、特に借家契約など長期にわたる契約の場合、借りたときと全く同じ状況にはできませんので、経年劣化などの通常損耗は回復の対象ではないとされています。