2018.9.11更新

賃貸契約の終了の際の原状回復においては、必ずしも全く借りたときと同じ状況にはしなくてよいとされています。
その判断基準として、借家人が普通に利用していても避けられない損傷、消耗は、回復の必要がありません。
このように借家人の負担とならない損傷、消耗のことを、通常損耗といいます。
反対に、普通に利用していたら起こらない損傷、消耗は、借家人が原状回復として修繕等を行う義務があります。