2018.9.25更新

日本には裁判所が複数あり、紛争事案の関連する土地や内容によって担当範囲が別れており、その範囲を管轄と呼びます。
特定の裁判所に管轄があるという場合には、その裁判所で審理が可能であるということを意味します。土地によって定まる管轄と、内容(訴額の大きさや紛争の種類)によって定まる管轄があります。