赤坂見附駅より徒歩1分、家賃滞納、明渡し・立退きのお悩みを迅速に解決いたします。|賃貸相談の窓口 赤坂見附法律事務所

家賃滞納時

家賃滞納時

借家人が行方不明です。保証人から一方的に保証契約を解除されることはありますか?

借家人が行方不明になっていても、保証人が保証契約をすぐに解除することはできません。
ただし、保証人が一方的に保証契約を終了させることを認めた古い判例もあります。
これは、家主が家賃滞納に対して速やかに対処しない場合で、このときの保証人による解除の成立は意思表示の2ヶ月後です。
家主としては、家賃滞納に速やかに対応(解除等)し、退去に伴う費用も保証人に負担を求めるのがよいでしょう。

家賃の時効は何年ですか?

家賃は法律上「定期給付債権」と呼ばれる債権の一種であり、消滅時効の期間は5年です(民法169条)。
なお、内容証明郵便等で催促すれば、6ヶ月間に裁判を起こすことで、催促時点を基準として請求が可能です。