2018.9.11更新

経緯

平成24年7月末借家人の家賃滞納が始まる
借家人に対して3度、連帯保証人に対して2度、滞納分支払いの督促
平成24年10月13日借家人及び連帯保証人に対して内容証明郵便発送(催告及び解除通知)
平成24年10月末借家人及び連帯保証人からの連絡も支払いもなく契約解除
平成24年11月7日ご来所・ご相談
明渡し及び滞納家賃の回収についてご契約
提訴準備(印紙発注・切手準備・訴状等作成・証拠書類等準備)
平成24年11月9日東京地裁に借家人及び連帯保証人両名を提訴
平成24年12月17日第一回口頭弁論期日(連帯保証人のみ出頭)
平成25年1月10日第二回口頭弁論期日(連帯保証人のみ出頭)
平成25年1月22日判決言渡し(連帯保証人のみ。請求通りの完全勝訴)
平成25年1月28日第三回口頭弁論期日(借家人不出頭)
平成25年2月4日判決言渡し(借家人のみ。請求通りの完全勝訴)
平成25年2月22日連帯保証人に対し支払についての和解提案を発送(応答なし)
明渡し強制執行準備(切手等準備・申立書等作成・添付書類等準備・送達証明取得・執行文付与など)
借家人が勤務する会社(以下「A社」)に対する給与の差押え準備(同上)
平成25年3月7日東京地裁執行官室宛に明渡し強制執行申立て
平成25年3月25日1回目の執行(催告期日)
平成25年4月2日東京地裁にA社からの給与の差押命令申立て
平成25年4月4日2回目の執行(明渡(断行)期日)
明渡し完了
借家人と支払に関する協議を継続
平成25年4月9日東京地裁から差押命令の発令
平成25年4月18日A社から陳述書を受領(差押対象なし)
A社に対する取立訴訟準備(印紙発注・切手準備・訴状等作成・証拠書類等準備)
平成25年6月3日東京地裁にA社を提訴
平成25年7月5日第一回口頭弁論期日(A社出頭。争う姿勢)
平成25年8月末借家人から一部入金を確認
平成25年9月中旬第二回口頭弁論期日(A社出頭)
平成25年9月末借家人から2回目の一部入金を確認
平成25年10月28日借家人から全額分割払いについての念書を受領
3回目の一部入金を確認
以後、毎月末に入金確認
平成25年10月29日A社に対する取立訴訟を取下げ
平成26年10月24日借家人から15回目(最終)の入金確認
全額回収完了
契約内容

地域 :東京都目黒区
物件 :1Rマンション
家賃 :71,000円
状況 :相談前に家主から督促。その後、4ヶ月分284,000円滞納

当事務所の活動

解決までの期間:明渡しまで相談から5ヶ月、全額回収まで相談から11ヶ月
回収金額   :1,080,000円
弁護士費用合計:665,280円(回収21.6%+明渡216,000円+訴訟108,000円+執行108,000円)
実費合計       :303,093円(実費88,814円+執行補助者費用(催告+断行)178,500円+遺留品廃棄費用35,779円)

結論 : 全額回収、明渡し完了

ポイント

都内の人気エリアのワンルームマンションの例です。
滞納が始まってから毎月、家主自ら借家人及び連帯保証人それぞれに督促をしていましたが、一向に支払ってこなかったことからご相談にお越しになりました。
家主作成の内容証明にて解除予告もしており、配達の確認もとれていたため、相談から2日後に訴えを提起し、淡々と訴訟手続を進めました。
判決取得後に交渉しましたが、支払いもなければ立退きもされなかったことから、強制執行手続により明渡しとなりました。
滞納家賃については、借家人の勤務先から支払われる給料等から強制的に回収すべく、給与等の差押えも実施しました。
差押による直接の回収には至りませんでしたが、会社への影響を回避したい借家人が支払の意向を示し、分割払いの合意を取り付け、結果的に全額回収となりました。
費用も時間も少々かかりましたが、無事完全に回収できた一例となりました。