赤坂見附駅より徒歩1分、家賃滞納、明渡し・立退きのお悩みを迅速に解決いたします。|賃貸相談の窓口 赤坂見附法律事務所

通常損耗

通常損耗

賃貸契約の終了の際の原状回復においては、必ずしも全く借りたときと同じ状況にはしなくてよいとされています。
その判断基準として、借家人が普通に利用していても避けられない損傷、消耗は、回復の必要がありません。
このように借家人の負担とならない損傷、消耗のことを、通常損耗といいます。
反対に、普通に利用していたら起こらない損傷、消耗は、借家人が原状回復として修繕等を行う義務があります。