家賃滞納・明渡、立ち退きの無料相談なら赤坂見附法律事務所
  • 賃貸借契約におけるよくあるトラブル

ご挨拶

弁護士水田 匡之
弁護士水田 匡之
弁護士の水田匡之です。
ホームページをご覧いただきありがとうございます。
当事務所は東京都港区にあり、不動産賃貸関係のトラブル(家賃滞納、契約違反)を専門的に多数取り扱っております。
特に家主(賃貸人)側の代理人として、多数のご依頼者様、不動産会社様からご相談・ご依頼を受けております。

賃貸不動産は、貸す側にとっては非常に高額で重要な資産です。借りる側にとっても、住居や事務所など生活の拠点としてやはり極めて重要です。
このように賃貸借契約は両者にとって重要性が高く、かつ、関係が長期間(ときに数十年)継続する点に特徴があります。
その結果、トラブルが生じた場合の損害・影響は大きく、他の分野に比べても、迅速・適切な解決が求められます。

賃貸契約は場所や当事者により個々に異なり、同じ滞納でも様々なパターンがあります。当事務所では、多数の経験・実績を有しており、相当数の手続や判決の蓄積もあります。
他の事務所に比べて必要な手続を迅速かつ適切に進めることが可能です。賃貸契約上のトラブルがある場合は、まずはお気軽にお問い合わせください。

当事務所の特徴

迅速な対応

迅速な対応

家賃滞納は、対応が遅くなった分だけ家賃相当の割合で家主の損害が増えます。
当事務所は、このような特徴を理解し、1日でも早く手続を進める体制をとっています。
広く多分野を扱う弁護士は、文書作成や裁判所への申立に、相当な日数・週数を要します。
当事務所は必要な情報や書類、要件が揃っていれば、ご依頼の即日や翌日の提訴も可能です。
書類等の収集も同時並行で進め、弁護士が理由となって解決が遅れることがないようにしています。

迅速な対応
適切な報酬提示

適切な報酬提示

弁護士の報酬はわかりにくい、ということをよく聞きます。
当事務所では、極力報酬体系を単純化し、ご依頼者の方がわかりやすく、納得してお支払いただけるよう、心がけています。
実費は個別の状況により異なる部分もありますが、実費についても、できるだけ類似の事例も参照し、見通しをお伝えしています。

適切な報酬提示
裁判の活用

裁判の活用

家賃滞納は明らかな契約違反です。自分から出ていかない相手を退去させるには裁判しか方法はありません。
そして、滞納をする相手は、少しでも長く居座ろうとするため、交渉を中心に進めると、長期化する場合が多いです。
当事務所では、裁判手続を対応の主軸に据えています。ご依頼後、可能な限り速やかに提訴する方針で進めます。
裁判を活用することで、相手にも家主の本気度が伝わり、任意の退去につながる場合もあります。
交渉中も滞納家賃は増えていきます。
裁判の中でも、和解協議に時間を費やすことなく、速やかに判決を得て退去を目指します。

裁判の活用
わかりやすい説明

わかりやすい説明

法律用語はどうしても一般の方には判りにくいです。当事務所はそのような専門の手続や用語を、わかりやすく説明します。
仮処分などの保全手続、訴状や準備書面等で進む民事訴訟手続、催告・断行などの強制執行手続など、その位置づけや内容をご依頼者が理解できることが、紛争解決には重要です。
当事務所の弁護士は、法学部ではなく(工学部出身)、専門用語の判りにくさは実感しています。また、社会人(IT技術者)の経験も活かし、わかりやすい説明を心がけています

わかりやすい説明
柔軟な連絡方法、全国対応

柔軟な連絡方法、全国対応

当事務所ではメールやLINEも活用し、ご依頼者の方との間で柔軟な連絡方法を採っています。
したがって、初回相談をオンラインで行うなどして、事務所にお越しいただかなくてもご依頼が可能です。
また、昨今は裁判のIT化も進み、また交通網も発達しております。
したがって、地方の多分野を取り扱う弁護士よりも、より専門特化した東京の弁護士に頼む方が、解決までの期間も考えれば、結局は有利となる場合が多いです。
遠方でも対応が可能ですので、お困りの場合は是非ご相談ください。

柔軟な連絡方法、全国対応

ご相談から依頼までの流れ

お問い合わせ

まずはWebサイトの「お問い合わせフォーム」の他、お電話やLINEでお問い合わせ下さい。
家主の方のお問い合わせやご相談は無料です。
首都圏の物件のお問い合わせを多くいただきますが、全国の物件に対応可能です。
お問い合わせの際は、お手元に「賃貸借契約書」をご準備いただくか、契約情報(物件所在地、家賃、契約期間等)をお知らせ下さい。
また入金履歴のわかる資料(通帳や家賃集計表)もご準備ください。

ご相談の日程の調整

お問い合わせに対しては、原則として弁護士が直接対応します(不在時は折り返しご連絡いたします。)。
概ねの内容を伺った後、弁護士との間で、ご相談の日を調整していただきます。
ご相談はご来所の他、オンライン相談や出張相談(交通費が生じる場合があります)も対応可能です。

ご相談・ご依頼

ご来所(オンライン・出張)いただき、弁護士が状況をお聞きします。
賃貸借契約の内容(家賃・期間・入居者・解除要件・更新状況・その他)や、トラブルの内容(家賃滞納、契約違反等)と現在までの対応状況を詳しく伺います。
その上で、弁護士から、ご依頼後の流れや、それに要する弁護士費用、実費を詳しくご説明します。
ご依頼の場合は委任契約書や委任状を作成し、署名・ご捺印を頂きます。
その場でご依頼いただかず、持ち帰って検討し、後日必要に応じてご依頼いただく事もできます。

契約の着手(相手への連絡、裁判所への申立て、各種調査等)

ご依頼の内容に従い、すぐに弁護士が必要な対応をします。主に相手への文書送付、裁判所への申立、また各種調査等です。
同じ家賃滞納であっても、明渡を優先したいのか、家賃回収を優先したいのかなどのご依頼者の希望が異なる場合もありますので、ご希望に応じて対応は変わります。
住民票や登記事項の確認などはご依頼後すぐに進めます。相手への通知も即日で行う場合もあります。
また、書類及び法律上の要件が揃っていれば数日以内の提訴も可能です。


進捗のご報告

ご依頼の後については、進捗に従い、また定期的に、ご報告いたします。主にメールによるご報告が多いですが、ご希望に応じ、郵便やLINEでもご報告が可能です。 通常はご依頼が完了するまで、数ヶ月かかりますので、随時進捗をご報告しつつ、方針についてもご意見を頂きながら、手続を進めます。 物件の明渡・家賃の回収が完了するまで、責任をもって対応いたします。

お知らせとコラム

サービスメニュー

keyboard_arrow_up

0120940070 問い合わせバナー LINE相談予約